• 日本語
  • EN
  • 中文

COLUMN

Columne

世界の街角で働くということ

英国建築設計現場の風景
山嵜 一也
英国に観光ビザで入国し500社以上の就職活動。貰った断りのレターは59通。留学ではなく働くことを求めて海を渡ったのはリアルな英国の風景を見たかったから。必要とされれば採用、いらなくなればクビ。多国籍チームでは多くの誤解も生じたが、そのムッとする瞬間こそが出発点。相手を拒絶していたら距離は縮まらない。英国のやり方すら通用しない。正解がない。答えは一つではない。相手を説得し、自分を納得させる。建設現場では小さなコミュニケーションの積み重ねで信頼を得るのだと肌で学ぶ。理解しようという覚悟。それは語学力とは別次元の話。仕事で使える言語能力は悔しい思いでしか身につかない。12年間で4度の解雇。英国建築設計現場の風景をお伝えします。
第6回 「@round vol.3(アジア編) 総括2 - アジアの中で日本ブランドはまだあるのか?」

『アジア圏で仕事をしていく上で日本ブランドというのは有効なのでしょうか?』

アットラウンド3回目のアジア編。登壇者のそれぞれの発表後のディスカッションでこのような質問があった。

アットラウンド第一シリーズ最終回となるこの日は参加者の出足が悪かったが、定刻になると会場内はいつも通りとなった。今回、出足が悪かったのは欧州編、アメリカ編と違い参加者の多くが実務に従事する社会人であったからであろう。寄せられた質問からも感じられたがアジアと言う地域が参加者にとって、担当プロジェクトなどで身近な問題として捉えられている。

アジア圏での日本というのはその歴史や政治的背景などもあり、特に最近の近隣諸国の緊張関係の中でも日本ブランドが未だ健在なのか興味があった。その質問に対する登壇者の答えは『日本ブランドはある。』だった。外国人である日本人の案でも現地の人同様に採用され、それどころか日本人建築家を採用することで物件価値が上がるとまで言う。ブランド力があれば、交渉やデザイン決定にしろ、イニシアティブ(主導権)を取れる。背景に日本人としてのブランドがあれば物事はスムーズに進む。

海外に出ることとは、ソトの世界を見る機会でもあると同時に自分のオリジンを見つめなおす時間でもある。日本人であること。外国人としての現地での一挙手一投足は『日本人のモノ』として見られる。日本人とはどのように働くのか?日本人はどのように考えるのか?そのような問いに日々答えていくことでそのオリジンと向き合うようになる。日本ブランドや世界の中での日本の現在地については、日本をソトから見た者だからこそ答えられる。

“Made in Japan”のような世界が知っている日本ブランドというのは戦後復興や高度経済成長の中で先輩方が築き上げたものであり、私達が海外で生活出来ているのはその恩恵に与ってるからに過ぎない。そして“不況期”と呼ばれる失われた20年間は先輩方の築いた日本ブランドという貯蓄を切り崩してきた。

今回のアジア編を含め、シリーズに登場した登壇者たちは、そのような期間に個人の力で日本を飛び出し、世界の建築現場でそれぞれのポジションを確立させた。日本人である彼らと協働した現地の人たちは彼らの奮闘する姿に新しい日本、日本ブランドを見つけたに違いない。そして、会場を訪れた人が登壇者たちの言葉に背中を押され、日本から飛び出し活躍すればそこからも次なる日本ブランドが生み出されるのだろう。そのような思いが継承されていくことを願いながらアットラウンド第一シリーズは幕を閉じた。

“アットラウンド”の会場レイアウトには、その名の通り登壇者と参加者がラウンド状に配置された椅子に座るため、話を一方的に聞くというのものではなく、相互に意見交換をする場という意味も込められている。

“アットラウンド”の会場レイアウトには、その名の通り登壇者と参加者がラウンド状に配置された椅子に座るため、話を一方的に聞くというのものではなく、相互に意見交換をする場という意味も込められている。

山嵜 一也 Profile
1974年東京都出身。芝浦工業大学院修了。レイモンド設計事務所を経て、2001年渡英。観光ビザで500社以上の就職活動。ヘイクス アソシエイツでワイカラー ビジターセンターでRIBA賞入選。アライズ アンド モリソン アーキテクツで欧州最大級となるハブ駅キングスクロスセントパンクラス地下鉄駅の設計現場監理。ロンドン五輪では誘致マスタープラン、レガシーマスタープラン、グリニッジ公園馬術競技場の現場監理。個人でもベネトン社店舗計画コンペファイナリスト。スイス家具メーカーのオークションで椅子パターン発表。芝浦工業大学 WEB型非常勤講師(2007-2012)。2013年1月に日本へ帰国。英国の建築設計現場について講演、執筆多数。ロンドン五輪計画についてのコラム「for Tokyo2020!」など。

山嵜一也 公式ツイッター ページ