• 日本語
  • EN
  • 中文

PRODUCTS

information

SNAP

任意形状立体フレームの弾塑性解析ソフト

SNAPは、任意形状の構造物に対する部材レベルの弾塑性の動的応答解析、応力解析増分解析を行います。すぐれた操作性と高度な解析機能を備え、データ入力から解析結果の表示・出力まで、スピーディーに行えます。解析を行う構造物の規模・データに制限はなく、複雑な構造物を高速で計算します。超高層建物、免震構造、制振構造などの建物や各種構造物の設計にも対応できる機能を備えています。

商品詳細
解析機能

静的な応力解析、増分解析から動的な応答解析まで行うことができます。
荷重、減衰、免震制振装置、復元力特性の種類が豊富なので、設計から研究までさまざまな解析に応用できます。

静的応力解析
  • 荷重(部材荷重や節点荷重など)や強制変位(支点移動、初期ひずみ)を設定した荷重ケースや、それらの組み合わせを作成し、解析することができます。
  • 設定により支点の浮上りや部材の塑性化の考慮も可能です。
静的増分解析
  • 層ごとに外力分布を設定することにより、荷重増分法による解析ができます。解析は荷重、変位、ベースシア係数による制御が可能です。また、方向ごとの載荷のほか、正負交番や作成した載荷履歴を使用することも可能です。
  • 初期解析を事前に行い、その影響を考慮した結果にすることも可能です。
  • 解析で得られたQ-δ関係に基づいて、質点系モデル(等価せん断バネモデル、等価曲げせん断棒モデル)を生成することが可能です。
動的応答解析
  • 質点系および部材系モデルに対してNewmarkβ法による時刻歴応答解析ができます。P-Δ効果の考慮も可能です。
  • 初期解析を事前に行い、その影響を考慮した結果にすることも可能です。
  • 地震波の各方向(水平、鉛直、回転)同時入力が可能です。
  • 多点入力機能で任意の節点、剛床に加振力や動的強制変位(変位、速度、加速度)を加えた解析も可能です。機械振動、風、地盤や入力地震波に位相差が生じる解析などに応用できます。
解析モデル一覧
部材
主架構要素
はり(弱軸の曲げせん断無視/考慮の指定可能)、柱、トラス、壁
付加要素
床スラブ(面内応力、面外応力を考慮した平面板要素)、仕口パネル、スプリング、曲げせん断棒
免震制振装置
免震支承材、免震用履歴型ダンパー、鋼材ダンパー、粘弾性ダンパー、粘性ダンパー、オイルダンパー
節点、支点、材端の仮定条件
節点
剛床/剛体の設定、複数節点の同一変位設定
支点
自由、固定、半固定、傾斜支点
材端の仮定条件
ピン/ローラー接合、剛接合、半剛接合、オフセット、剛域、危険断面(塑性ヒンジ)位置
荷重
荷重
自重、節点荷重、剛床荷重、部材荷重(分布・集中荷重)、面荷重、等価節点荷重、初期応力/ひずみ、温度応力、強制変位
減衰
減衰
質量比例型、剛性比例型*1、Rayleigh減衰*1、モード減衰*2、部材剛性比例型*1
復元力特性
単軸バネモデル
トリリニア、原点指向、Ramberg-Osgood、武田モデル、座屈モデル、HDモデル、木造用、地盤用、制振装置用、耐力低下・負勾配モデルなど
MSモデル
鉄筋/鉄骨材料特性、コンクリート材料特性
MSSモデル
バイリニア(すべり支承用は軸力変動考慮可能)、トリリニア、Ramberg-Osgood、HDモデル
MNモデル
1方向/2方向曲げ、バイリニア、トリリニア
*1:
剛性は初期剛性と瞬間剛性を選択できます。
*2:
モード次数に対する減衰定数は、直接指定することと、部材ごとの減衰定数から自動計算することができます。
出力機能

解析結果は、数値と図で出力します。個々の部材の履歴、層の最大値、建物のエネルギーの集計など、解析結果の詳細から全容までを分かりやすく出力します。

応力図

静的増分解析・動的応答解析では、最大/最小の応力に加えて、各ステップの応力を表示することができます。表示する部材種別・応力の成分・応力の位置(危険断面位置/節点位置)を指定できます。図の拡大・縮小・移動・回転から、文字サイズ、小数点以下の桁数や表示するフレーム、ステップ数の変更まで、マウスで簡単に操作できます。また、CADファイルに出力して、編集することもできます。

固有モード図

節点のモード図と、層のモード図を出力できます。各次数のモードを個別に出力することと、重ねることができます。

部材・節点のグラフ

部材・節点の履歴や部材の応力-変形関係などをグラフで表示します。MN関係にMNインタラクションを重ねて表示することもできます。MSモデルの軸バネの応力-変形関係も表示できます。

層の最大応答値のグラフ

層の最大応答値をグラフで表示します。入力地震波が異なる複数の解析結果や設計目標値を重ねて表示することができます。

エネルギー図

入力エネルギーと消費エネルギーの履歴をグラフで表示します。累加して表示することもできます。

出展者

株式会社構造システム

〒112-0014 東京都文京区関口2-3-3
TEL: 03-5978-1311
FAX: 03-5978-6215