• 日本語
  • EN
  • 中文

COLUMN

Columne

世界の街角で働くということ

英国建築設計現場の風景
山嵜 一也
英国に観光ビザで入国し500社以上の就職活動。貰った断りのレターは59通。留学ではなく働くことを求めて海を渡ったのはリアルな英国の風景を見たかったから。必要とされれば採用、いらなくなればクビ。多国籍チームでは多くの誤解も生じたが、そのムッとする瞬間こそが出発点。相手を拒絶していたら距離は縮まらない。英国のやり方すら通用しない。正解がない。答えは一つではない。相手を説得し、自分を納得させる。建設現場では小さなコミュニケーションの積み重ねで信頼を得るのだと肌で学ぶ。理解しようという覚悟。それは語学力とは別次元の話。仕事で使える言語能力は悔しい思いでしか身につかない。12年間で4度の解雇。英国建築設計現場の風景をお伝えします。
第4回 「@round vol.2(米国編) 総括2-「国境を越える身体が影響するデジタルとの距離感」」

『旅に出てスケッチすることは良い建築を作るのに必要でしょうか?』

世界の建築現場で活躍した日本人の声を聞くリアルトークイベント、アットラウンド。第2回目はアメリカでコンピュテーションを実践し活躍した人々から話を聞いた。その後半、参加者と登壇者たちの議論の場で冒頭の問いが投げかけられた。この質問はデジタルであるコンピュテーションを建築設計に活用する彼らにアナログであるペンとの対立を際立たせたものというよりも、生活にデジタル技術が急速に入り込むことへの戸惑いと捉えられる。言い換えればペンと同じく自由にマウスを操り、建築空間を思考する彼らだからこそぶつけられる質問でもあった。

前半で登壇者それぞれがプロジェクトについて語り、後半の議論の場で発表された各自のデジタルとの距離感は至って明快なものであった。それらは自己を冷静に客観視し、コンピュテーションを捉えられているものであり、中には『他の建築家との差異化のために使用している』というきわめて正直な回答まであった。

しかし、このコンピュテーションに対し、客観的かつ正直でいられるのは彼ら特有のものかもしれない。彼らの身体は国境を越えている。だからこそ自己を冷静に見られるのであり、その論の説得力は増す。海外で活動したこととコンピュテーションによる建築設計をする彼らの思考には相関関係があったのではないかと考える。

登壇者たちは今まで日本人にとって難しいとされてきた様々な海外の壁を個人で軽々と越えてきた。多様な人種が混じる職場環境で仕事をする経験や海の向こうから母国を眺める視点があればこそ、コンピュテーションによるデジタルの世界にもリアリティを持ち得たのだと思う。国境を越えるという彼らの身体性の特徴の上にコンピュテーションの実践があったわけだ。

設計段階でコンピュテーションによる無限の検証が可能であっても、アウトプットは実体のある“建築物”というものに収束するのが建築設計である。彼らも他の設計士同様、埃まみれの現場で作業員とやりとりする一方で静かなオフィススペースでマウスをクリックしていたはずだ。しかし、他のコンピューター論と違って彼らの言葉に説得力があるのは、国境を越え、多様性の中で働く日常を送っていたこととは無関係ではないだろう。そのような事実を知れただけでも、建築のコンピュテーションを“アットラウンド”という議論の場で取り上げた意義は大きかったと思う。

参加者は海外の建築事務所で働いた人の体験談を聞くだけでなく、コンピュテーションを武器に活躍した日本人の話に耳を傾けた。

山嵜 一也 Profile
1974年東京都出身。芝浦工業大学院修了。レイモンド設計事務所を経て、2001年渡英。観光ビザで500社以上の就職活動。ヘイクス アソシエイツでワイカラー ビジターセンターでRIBA賞入選。アライズ アンド モリソン アーキテクツで欧州最大級となるハブ駅キングスクロスセントパンクラス地下鉄駅の設計現場監理。ロンドン五輪では誘致マスタープラン、レガシーマスタープラン、グリニッジ公園馬術競技場の現場監理。個人でもベネトン社店舗計画コンペファイナリスト。スイス家具メーカーのオークションで椅子パターン発表。芝浦工業大学 WEB型非常勤講師(2007-2012)。2013年1月に日本へ帰国。英国の建築設計現場について講演、執筆多数。ロンドン五輪計画についてのコラム「for Tokyo2020!」など。

山嵜一也 公式ツイッター ページ