• 日本語
  • EN
  • 中文

COLUMN

Columne

世界の街角で働くということ

英国建築設計現場の風景
山嵜 一也
英国に観光ビザで入国し500社以上の就職活動。貰った断りのレターは59通。留学ではなく働くことを求めて海を渡ったのはリアルな英国の風景を見たかったから。必要とされれば採用、いらなくなればクビ。多国籍チームでは多くの誤解も生じたが、そのムッとする瞬間こそが出発点。相手を拒絶していたら距離は縮まらない。英国のやり方すら通用しない。正解がない。答えは一つではない。相手を説得し、自分を納得させる。建設現場では小さなコミュニケーションの積み重ねで信頼を得るのだと肌で学ぶ。理解しようという覚悟。それは語学力とは別次元の話。仕事で使える言語能力は悔しい思いでしか身につかない。12年間で4度の解雇。英国建築設計現場の風景をお伝えします。
第4回 「英国建築事務所でOJTは可能か?」

『ごめん。申し訳ないけれど、プロジェクトが無くなりそうなので君を雇えない。』

真実がどうであれ、解雇をされるときに理由を告げられる。プロジェクトがキャンセルされる、ストップする、スローになるなど。当時私に告げられた“プロジェクトがなくなるから解雇される”というのもことの真相は今となってはわからない。しかし、当時の私の英語力は実務レベルにはほど遠く、英国2社目も試用期間で解雇された。

最初に解雇された事務所から“餞別”として貰った『英国建築家年鑑』で次の職場を探した。小規模で得意とする分野が【アート&アーキテクチュア】とする事務所へA4サイズの封筒を郵送した。私のアートのような建築のコンペ作品に共感してくれそうな気がしたからだ。すると前回同様すぐに返事が来て、拙い英語による面接を経ると何故か採用された。

英国人建築家が主宰する建築事務所は、香港で開設され、中国への返還を期に本国に戻ってきたらしい。台湾人の奥さんと一緒に小さな事務所を切り盛りしていた。

実務経験は仕事を通して身につけられるだろうと気楽に構えていたが、違う言語の世界では全く勝手が違った。外部から掛かって来る電話は恐怖以外のなにものでもなかった。誰かが事務所にいるときに電話が掛ってきたら呼び出し音から逃げていたが留守番を任されるとそうもいかない。それでも相手先の名前と電話番号を聞き出せるようにはなった。しかし相手の名前を正確にボスに伝えれないのには困った。まず相手の名前を聞き取れない。聞き取れたとしてもどのようにメモに残すか?単純な英国名のアルファベットの綴りを知らない。そこでカタカナでメモを残したとしても聞き取りを正確にカタカタに落とし込めていない。後でボスに伝えるときに読み返すと正確に発音できていない。ボスは何度も困った顔をしていた。最終的に名前の綴りを教えてもらいメモする方法を身につけた。

また、ロンドンという街を使いこなす術も持っていなかった。模型材料の買出しを頼まれるも、その店がどこにあるのかも知らない。また市内の構造を知らないからその模型店がどのエリアにあるかをボスはイチから私に説明からしなければならない。

そんなある日の夕方、事務所にボスと二人きりになったときに嫌な予感がした。英語圏での空気というのが徐々に読めてきたのだろうか。悪い予感は当たった。解雇。

電話番が出来ない人材を雇う余裕はこの夫婦経営の小さな事務所には無かった。実務経験を積みながらあわよくば英会話も・・・とはムシが良すぎるのだろうか? 私は再び『英国建築家年鑑』を開き、就職活動を再開した。

毎年夏に開催される第243回ロイヤルアカデミー・サマーエキシビション2011にコンペ模型3部作で入選。世界中からの建築作品が並ぶ部屋中央には私が解雇された事務所の網目構造体による巨大な橋の模型が展示してあり、再会を果たした。

山嵜 一也 Profile
1974年東京都出身。芝浦工業大学院修了。レイモンド設計事務所を経て、2001年渡英。観光ビザで500社以上の就職活動。ヘイクス アソシエイツでワイカラー ビジターセンターでRIBA賞入選。アライズ アンド モリソン アーキテクツで欧州最大級となるハブ駅キングスクロスセントパンクラス地下鉄駅の設計現場監理。ロンドン五輪では誘致マスタープラン、レガシーマスタープラン、グリニッジ公園馬術競技場の現場監理。個人でもベネトン社店舗計画コンペファイナリスト。スイス家具メーカーのオークションで椅子パターン発表。芝浦工業大学 WEB型非常勤講師(2007-2012)。2013年1月に日本へ帰国。英国の建築設計現場について講演、執筆多数。ロンドン五輪計画についてのコラム「for Tokyo2020!」など。

山嵜一也 公式ツイッター ページ