• 日本語
  • EN
  • 中文

COLUMN

Columne

世界の街角で働くということ

英国建築設計現場の風景
山嵜 一也
英国に観光ビザで入国し500社以上の就職活動。貰った断りのレターは59通。留学ではなく働くことを求めて海を渡ったのはリアルな英国の風景を見たかったから。必要とされれば採用、いらなくなればクビ。多国籍チームでは多くの誤解も生じたが、そのムッとする瞬間こそが出発点。相手を拒絶していたら距離は縮まらない。英国のやり方すら通用しない。正解がない。答えは一つではない。相手を説得し、自分を納得させる。建設現場では小さなコミュニケーションの積み重ねで信頼を得るのだと肌で学ぶ。理解しようという覚悟。それは語学力とは別次元の話。仕事で使える言語能力は悔しい思いでしか身につかない。12年間で4度の解雇。英国建築設計現場の風景をお伝えします。
第6回 「引っ張りだこの末、解雇されるということ」

『私たちは何か間違っているのかもしれない』
ボスの奥さんは経営状態が上向かない事務所の状況をポツリと漏らした。

その日は天気がよかったと覚えている。ボスと奥さんが近くのカフェでミーティングをしようと言い、席に付いた途端、嫌な予感がした。懐かしくも思い出したくない感覚。その朝、私は解雇を告げられた。お金のない事務所なりの生き延びるアイデアを出していたが万策尽きたと言ったところか。彼らの申し訳なさそうな顔を見ながらこの事務所での日々を思い返していた。

経営難を打破するためにボスの考えたアイデアとは他の事務所の模型制作を請け負うというものだった。間借りしていたビルに入居していた大手設計事務所の模型制作責任者のことは以前から知っていた。私が大量に生み出すスタディ模型を陳列した棚の横を通るたびに彼は興味を示していたからだ。私が日本人だとわかると日本のデザインについて聞いてきたり、徐々に会話を交わし始めた。仕事中、正直面倒くさいと思いながらも英会話の練習だと考え、色々と話をしていた。

所員が100人を越えて、大きくなりつつあるその大手事務所の模型場では常に人手を求めていた。そこで所属先である小さな事務所のボスは模型制作の仕事を見つけた。私は日中、模型場に出向き、模型を作る。その時間給が私の所属先に渡され、そこから私の給料が支払われるというアイデア。そのような自転車操業の事務所の内情を知って、模型場の彼は私に移籍してはどうか?と勧めた。模型が作れて(日本人だったら誰でも作れるレベル)、言われた仕事は黙々と(無駄口を叩く英語力がない)確実にやり遂げる。私のことを気に入ってくれていた。模型作りに英国に来た訳ではない、と笑って受け流したが、何も宛てもない自分にも頼れるスキルがあったことにホッとしたのも事実だった。

所属先がコンペやプレゼンで忙しくなると呼び戻されてそこで図面描き、グラフィック、模型作りなどをしていた。模型はその大手事務所の設備を使えたので、弱小事務所なのに立派な木模型が出てきてクライアントは喜んでいたらしい。常に私は忙しい場所の間にいたが、この小さな事務所を大きくしてやろうと本気で思っていた。

しかし、限界が来ていたようだった。この間借りしていた事務所スペースも引き払うらしい。『でも安心しろ。君の次の就職先には話を付けておいた。』とボスは言った。解雇をされたショックもあり、私は事態を飲み込めずにいた。あの模型場の責任者が微笑みながらゆったりした足取りで近づいてきた。

日本への帰国直前、英国で3度目の解雇を言い渡されたカフェのあった場所を訪れてみると、日本食のお店になっていた。私の英国にいた00年代に爆発的な人気を得ていた日本食は街中で味わうことが出来た。

山嵜 一也 Profile
1974年東京都出身。芝浦工業大学院修了。レイモンド設計事務所を経て、2001年渡英。観光ビザで500社以上の就職活動。ヘイクス アソシエイツでワイカラー ビジターセンターでRIBA賞入選。アライズ アンド モリソン アーキテクツで欧州最大級となるハブ駅キングスクロスセントパンクラス地下鉄駅の設計現場監理。ロンドン五輪では誘致マスタープラン、レガシーマスタープラン、グリニッジ公園馬術競技場の現場監理。個人でもベネトン社店舗計画コンペファイナリスト。スイス家具メーカーのオークションで椅子パターン発表。芝浦工業大学 WEB型非常勤講師(2007-2012)。2013年1月に日本へ帰国。英国の建築設計現場について講演、執筆多数。ロンドン五輪計画についてのコラム「for Tokyo2020!」など。

山嵜一也 公式ツイッター ページ