• 日本語
  • EN
  • 中文

@round

イベント概要

EVENT 

第3回 リアルトーク シリーズ

『世界で働く!-失敗もまた楽し(Failure teaches success)-』アジア編

@round (アットラウンド)リアルトークシリーズ
『世界で働く!− 失敗もまた楽し(Failure teaches success)−』

これから海外で建築に携わりたい、仕事 がしたいと考えている人々を支援するためのトークイベント @roundを開催いたします。第1回の欧州編ではヨーロッパから帰国された建築家の日常等を語っていただき、第2回米国編では、アメリカ東海岸と西海岸からそれぞれ帰国された建築家がコンピュテーション大国アメリカでどのような設計手法に携わっていたか等を伺いました。第1回、第2回共、建築設計の実務に携わっている方や、これから社会に出る学生の方々まで、多数の参加者を迎え盛況のうちに終えました。第3回のアジア編でもアジア各国で活動している日本人建築家をゲストに招き、現地の実態や失敗談などをざっくばらんに伺います。


アジア編
第3回目のアジア編では、今現在、アジア各国に事務所を構えて活動する建築家たちに現場の生の話を伺う貴重な機会。アジアの各国の現状を知り、現地で働く時に良好な関係を築いていけるような人材とはどういった素養が必要か、各国から日本がどのように見えているかについても、現地の意見を伺う。また、現政権が決めた外国人労働者の受け入れを最長6年間(現在、最長3年間)とする方針により、建設分野の外国人労働者は、今の約1万5千人からピーク時には約3万人に増えると見込まれる。近隣の国々の力を借りて、日本を支えて行く必要がある近い将来を見据えて、今後どういった協力体制が考えうるかについても考える機会としたい。


日時:2014 年11月21 日(金) 18:30~20:30(開場18:00)
場所:日本建築家協会JIA 館1F 建築家倶楽部
    〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-3-18 JIA館

主催:一般財団法人国際建築活動支援フォーラム(JSB)、株式会社アグローブ(AGLOBE)
協力:株式会社キャベッジ・ネット
参加費:無料(事前登録制、定員に達し次第締め切ります)
定員:50 名
応募先: 同ページ下
問い合わせ:@round 事務局
   〒112-0014 東京都文京区関口2-3-3 目白坂STビル (株)アグローブ内
   電話03-5978-6511 fax 03-5978-6512


プログラム
第1部 ゲストによるプレゼンテーション
第2部 ゲスト相互の本音トーク/会場内参加者全員で討論


ゲスト:白井宏昌(台湾)、岩本昌樹(タイ)、竹森紘臣(ベトナム)、東福大輔(中国)
聞き手:山嵜一也
モデレーター:柴田直美

白井宏昌
1971年東京都生まれ。1996年早稲田大学院理工学研究科修士課程修了。1996−2001年Kajima Design勤務。2001年文化庁派遣芸術家在外研修員。2001−2006年OMA (ロッテルダム、北京)勤務。2006年−LSE(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス)、Cities Programme、博士課程在籍。2007−2008年ロンドン・オリンピック・パーク、設計チーム・メンバー。2008年IOC(国際オリンピック委員会)助成研究員。2008年シドニー工科大学、客員研究員。2010年H2Rアーキテクツ共同設立(北京・台北・東京)。

岩本昌樹(ON GROUND)
1976年東京都生まれ。
2002年東京大学大学院修士課程修了、2011年博士課程単位取得退学。
隈研吾建築都市設計事務所、Architects 49を経て、2006年バンコクにてOn Ground設立。2012年よりPLANTEC GROUP (THAILAND)代表、タイ王立建築家協会国際委員。

竹森紘臣
1977年静岡生まれ。2001年に関西大学大学院建築学科都市計画学専攻修了。2003年にworklounge03-を共同設立。2013年 ワークラウンジ03-(ハノイ)設立。

東福大輔
1973年生。名古屋大学大学院修了後、鹿島建設建築設計部を経て、磯崎新アトリエに勤務。「中央美術学院美術館」の担当者として渡中し、完成後の2009年、北京に設計事務所「零三工作室」(ワークラウンジ03)を設立。著書「中国的建築処世術」(彰国社、2014年、市川紘司氏との共著)


レポートコラム

『リスクヘッジと言う意味でもアジアと日本のそれぞれに拠点を持ちました』 このような言葉から始まった世界の建築現場で活躍した日本人の声を聞くリアルトークイベント、アットラウンド。欧州編、アメリカ編...

『アジア圏で仕事をしていく上で日本ブランドというのは有効なのでしょうか?』 アットラウンド3回目のアジア編。登壇者のそれぞれの発表後のディスカッションでこのような質問があった。 アットラウンド...