• 日本語
  • EN
  • 中文

ABOUT US

AGLOBE Adviser

AGLOBE Adviser

小倉 善明 
東京大学工学部建築学科卒
ハーバード大学大学院建築学科終了
元株式会社日建設計常務取締役
元社団法人日本建築家協会会長
一般法人国際建築活動支援フォーラム理事長
UIA2011東京大会日本組織委員会会長
2011年10月UIA2011東京大会には、世界建築家連盟に加入する110ヵ国から5100人の建築家が集まり、「災害を乗り越え、世界が連帯し持続可能な未来へ」のテーマのもと熱い論議を交わしました。これを解決するためは日本の建築界の国際化が喫緊の課題です。日本はこれまで隣国中国、韓国とでさえ、言葉の壁や文化の障壁あり、早期にこれらの課題を乗り越えなければならないと思っています。
UIA2011東京大会の成果を継承する国際建築交流ポータルサイト「AGLOBE]が活用されることにより、世界の人々、知識、情報、技術、プロダクツ等の交流が生まれ新しい価値と創造が生まれることに期待しています。
芦原 太郎 
東京芸術大学美術学部建築科卒
東京大学大学院建築学修士課程修了
芦原太郎建築事務所代表
全米建築家協会名誉会員
社団法人日本建築家協会会長
日本建築家協会はUIA2011東京大会を契機に、国内の建築関連組織と連携して未来に向けた国際活動を推進します。JIAはこれまで米国建築家協会(AIA)大韓建築士協会(KIR)タイ王立建築家協会(TIA)他と相互交流を図ってきました。2011年12月には中国建築学会(ASC)と,2012年5月にはJIA関東甲信越支部と上海建築学会とが調印を結び、より一層の実質的な交流を目指しています。
JIAの国際化の柱は「若い世代の育成、国際マーケットの開拓、国際的社会貢献」の3つを挙げています。「AGLOBE]の新しい時代のコミュニケーション・ネットワークによる国際的連携は、JIAの国際活動にも寄与し大いに賛同いたします。
萩原 廣一 
早稲田大学 法学部卒
元東京都生活文化局理事
元東京観光財団常務理事
前UIA2011東京大会日本組織委員会 事務局長
一般財団法人国際建築活動支援フォーラム 事務局長
世界の人口は、もう70億を超えましたが、我が国は現在、本格的な人口減少社会を迎えようとしています。特定の土地に結びつくことで成り立つ建築も今やテイクオフし、世界大の活動を展開せざるをえない所以でありましょう。
昨年秋、世界の各国から多数の建築家たちが東京に集まり、顔の見える多彩な対話が試みられました。だがそれは限定された時間と場所の一つの出来事に止まりました。 「AGLOBE」はまさしく時空の制約されることのないプラットフォームとして、建築に関心を抱くすべての人々が、瞬時に、モノ、チエ、ビジネス等の情報に出会える事のできるようにしてくれるでしょう。
「UIA2011東京大会」の志を継承するものとして広く世界に羽ばたかれますよう期待をするものです。
ジョージ・S・ボルコビッチ 
ドレクセル大学(建築)
ペンシルバニア州立大学 (建築・教育)
ペンシルバニア州立大学大学院 (教育)
A/E/C サイエンス・アンド・テクノロジー 主宰
ペントン・メディア Inc. 取締役
A/E/C システムスインターナショナルInc. 創設者
A/E/CシステムスインターナショナルInc. はかつてデザイン/建設のプロフェッショナルのためのCAD,GIS、EDM等のイベントを世界規模で展開し年間で約25,000人の展示・参加者を有した。ボルコビッチ氏はまた同時に7つの国際イベントも開催。その他にボルコビッチ氏はコンピューター・ソリューションズ・マガジンを出版、デザイン・プロフェッショナル約30,000人の定期購読者がいたが後にペントン・メディアに権利を売却した。起業する以前はペンシルバニア州立大学で講師、その後は建築・建設業向けのトップ経営/マーケティング・コンサルタント会社であるコックス・アソシエイツInc.でキャリアを積む。その後複数の団体からの招待で数多くのレクチャーなどを行う。

主な所属団体:
アメリカ建築家協会、アメリカ・コンサルタント技術者協会、建設仕様書学会、 日本建築学会、米国科学アカデミー等。